未来の予防接種
粘膜ワクチンの実用化



今までインフルエンザの予防ワクチンは接種してから効き目が発揮するまで約2週間はかかりました。ですからインフルエンザが流行する前(10・11月)に接種する必要がありました。現在の予防接種は主に皮下接種が行われています。現在の皮下接種は血中IgG−HI抗体が作られ、インフルエンザに感染した際重症化させないというためのものでしたが、感染防止にはなりませんでした。感染時の全身のウィルス感染の抑制には皮下接種が適切でしょう。しかし、感染防止を考えるとこの不活化ワクチンの鼻腔粘膜ワクチンや生ワクチンが有効と言えるでしょう。
アメリカでも2002年ごろから世代を限定していますがワクチンの使用が認可されるようになりました。
日本でも2010年頃には粘膜ワクチンが実用化するらしいです。




未来の世界はどうなる?
(未来を予測)


未来プロスペクトへ戻る